05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-14 (Sun)
やっぱり毎年行っているところにも蛍鑑賞に行かないといけないでしょ~~~
と13日に本匠まで行ったのですが、あまりの大渋滞に車が進まず断念kao06

でも水車がある辺りでいつも目にすることが出来る蛍の光がほとんど見えなかったんです。

だから今年は少ないのかなぁ。。。。なんて思いつつ14日。
やっぱり行こう!!と思い立って少し早めに家を出ました。


毎年
毎年

蛍が全くでない年も、凄くすごく沢山でた年も変わらず通い続けた本匠の蛍。


行っとかないとね顔 ニコ


* * * 去年はとんでもない目にあったので用心しながら蛍の学校に駐車。

いつも観るところはまだ奥なんだけど、そこから歩く事にしました。




まだ明るい時間。
人の姿はちらほらな感じです。




ちょっとね?
ビックリしたのは、川の水量



凄~~~く水が少ないんです。




ちょっと愕然としながらいつも観るところの近くまで来ると、川へ下りれる道発見。



やっぱり水がどこまでも澄んでいて綺麗。



早速靴はポイしてバシャバシャ♪
きもちいぃ~~っ絵文字名を入力してください

そのまま川向こうの中洲まで。



蛍って明るい時間はどこにいるんだろうなぁ~・・・・




20時


蛍が舞いだしました。





すぐ近くの葉の裏から

川向うの木陰から

高い木の上から



川面にその光を灯しながら




少ないかな?
なんて心配をよそにすぐに満天の星空が目の前に広がりました。






手を伸ばすとね?
すぐに捕まえる事ができるんです。


【 警戒 】とか

全く知らない純粋無垢な存在。




逃げる事すらせずに ツン とされると、コロンと転がったりして

"しっかりしろよ~~"

"絶対捕まってそのままお持ち帰りされないようにするんだよ"


なんて説得したくなります。



手元に来てくれた蛍にちょっとだけ蛍かごに入ってもらって撮影。




本当はこの目に映る景色をそのまま届けたいのですが、デジカメでは不可なので泣き顔



20枚ほどでしょうか?
写真を合成しています。
2009_hotaru

動きのない写真なので違和感満載だと思うのですが、川向こうの蛍がでる木の真下まで行くとこんな風景が普通に広がっています。






蛍の光



なんだか凄く静かな気持ちになります。




そして、ちょっと涙が出そうになります。





この光を眺めていると「学校帰りに自転車で帰ってると、家に着いたときに髪とか制服に蛍がついてたりしたよ~」って話を思い出します。



今は目にしてる?
いつか一緒に見ようね絵文字名を入力してください


| Diary | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。