09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-05-21 (Wed)
大分にはこういったところが数多く点在しています。

なんでしょう?
修行の一環だったのでしょうか?
それとも、この風土から生まれたのでしょうか?


あんな岸壁をよく彫りぬいて建物を建てたり、仏様を刻んで祭ったものだと圧倒されてしまいます。


* * *

吊橋公園から向いました。
このつり橋も凄く綺麗ですにっこり
takasu



慈眼堂
takasu1



ここから階段を暫く上ります。
途中から、崖っぷちです。
takasu2




見えづらくてすみません汗
フラッシュをたくと雰囲気が損なわれてしまったので、そのままの写真を掲載します。
お堂の中です。
takasu3



ふと見上げるとなんと天井画が!!
凄く綺麗だったので、こちらはフラッシュをたいて写真を撮りました。
takasu4



下のお堂でも上を見上げると、こんなに綺麗な画が
takasu5





こちらの観音堂。
本当に大切に守られているという感じをひしひしと感じました。

なんかね?
綺麗に整備されていて、階段上のお堂だってもちろん木の葉一つ落ちていないんです。


目の前の川風がとても気持ちの良い、素敵なところでした♪



鷹栖観音の鬼会の様子などを写真にとっていらっしゃる方がいらっしゃいます。
是非こちらもご覧下さい♪
もっとこちらの観音堂の荘厳さが伝わるかと思います。


http://wadaphoto.jp/maturi/takasu1.htm

http://www.geocities.jp/kawagumi2005/takasukannon.htm
| Diary | COM(0) |







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。